「仕事や事務所形態などについて」の記事一覧

正確性を得るためにも一人で抱え込まない

社労士という職業は、仕事内容が多岐に亘ります。 開業社労士としてひとりで事務所を構えたときは何もかも一人でこなさなければならず、非常に負担が大きいのが実情です。 さらに、この仕事で最も必要とされることは「正確性」といえま・・・

団体交渉や助成金の申請もする

団体交渉に対応する 社外の合同労組に加入した元社員が団体交渉を申し入れてくる事態もあります。 団体交渉とは、労働者側が団結して労働組合を結成して使用者側と労働条件などの改善などを求めて交渉を行なうことで、突然始まることが・・・

社労士の労働形態の違いについて

社労士の今の労働形態 社労士の労働形態には2種類あります。 社労士事務所などに籍を置く「勤務社労士」と、自分で事務所を設けて独立して働く「開業労務士」の2つです。 以前は社労士は個人事業主としての運営でしかなかったために・・・

人事やハラスメント問題も重要な仕事

人事マネージメント 人事マネージメントを行なう際にはその人の仕事に関する能力も重要なポイントですが、性格や性質にも注目することが必要です。 ここでは、チャンスに敏感な人とリスクに敏感な人を例に挙げましょう。 たとえば社内・・・

サブコンテンツ