「試験勉強・受験に関して」の記事一覧

合格率は10パーセント未満と狭き門

社労士になるためには資格試験に合格する必要があります。 しかし、それは非常に狭き門で合格率は10パーセント未満といわれます。 試験は年に1度しか実施されないので、不合格になればその1年後に受験するしかありません。 試験の・・・

「繰り返し」と「短期集中」がカギを握る

短期集中が重要課題となる 社労士の資格を取るためには試験勉強が必要です。 けれども、勉強に長い時間を費やせば良いというものではありません。 社労士資格の試験内容は法律にかかわるものばかりなので、頻繁に改定されます。 した・・・

六法と基本書は必須バイブル

何を手に入れるか 社労士の扱う仕事は法律に関するものがほとんどですから、まずは「六法」を手に入れなければなりません。 ただし、一般的に市販されているものではなく社労士資格を受験するための六法を購入することをオススメします・・・

自分の実力を客観視する

自分が社労士試験のために行なっている勉強がどれくらい身についているか、どれくらい理解できているかというのは非常に気になる点に違いありませんよね。 一生懸命頑張っているつもりでも、現実にはあまり身についていないという事態も・・・

サブコンテンツ