開業社労士になるなら大々的にアピールしていこう

ホームページでアピール
開業社労士を始めた時に最も重要なポイントとは、開業したことをアピールするということです。

社労士という仕事は、黙って待っていればクライアントがやってくるわけではありません。

大きく看板を掲げたり店舗を持っているわけでもないので、積極的なアピールを行なわなければ仕事は一向にないかもしれません。

広告を打つという方法は多くの人にアピールできますがそれなりの費用も掛かりますし、社労士という仕事にまったく関係のない人たちにまでアピールすることにもなりm差う。

それはそれで別に問題ではないのですが、もっと効率的且つ安上がりな方法でアピールできないものでしょうか。

インターネットが一般的となった現在では、ホームページを立ち上げるのが効果的なアピール方法のひとつといえるでしょう。

ホームページにアクセスする人は社労士を必要としている場合が多く、少なくとも興味を持っているといえます。

ホームページ上で自分の信念や考え方、仕事に対する情熱などを記載して、社労士としての自分を知ってもらうことが重要です。

ただし、自分をアピールするがあまり、ホームページを訪れる人の目的を忘れてはいけません。

このホームページを訪れた人は何を求めているのか、何を知りたいのか、それらに応えるにはどうすればいいのか、といった点を考慮したホームページを作成するようにしましょう。

メールや人脈を活かす
今や、メールなしにはほとんどの事業は成り立たないといっても過言ではないはずです。

メールは営業時間などを気にせずに連絡を取ることができるので、相談者にとっても便利なツールです。

しかし社労士は本来相手に直接会って話を聞きアドバイスを与えたり試料を作成するなどの業務を進めるものです。

メールはあくまでも日程の調整などの事務連絡であると認識しておくことも必要です。

営業手段のひとつとして、メールマガジンの発行などもいいかもしれませんね。

お客様を獲得するためには、人脈作りも重要なポイントです。

そのためには地元で行なわれる行事やボランティアといった外部の集まりなどに積極的に参加することも有効です。

とはいえ、そのような場での営業活動を禁止している場合もあります。

そうでなくても無理な営業活動は却って反発を招くこともある点に注意しましょう。

勉強会や研修会などに参加して、先輩社労士と親しくなり、その人たちの経験やアドバイスを聞くのも素晴らしい手段です。

サブコンテンツ