多くの知識を持つ保険のプロ

保険の種類
保険をかけている人はたくさんいますよね。

社労士はそんな保険についての多くの知識を持ち、企業に対してさまざまなアドバイスを行なってくれる「保険のプロ」といえるでしょう。

保険の内容はそれそれにより異なりますが、主な保険の内容は以下の3つです。

まず国で管理する保険は、会社において従業員が怪我や病気をしたときの保障や障害を負ったり高齢になって働けなくなった時、失業してしまった時や働き手が死亡してしまい残された遺族の収入がなくなったときなどに生活を安定させることを主旨とします。

次に損害保険ですが、企業が有する品物を破損して損害が出たときや、第三者からの損害賠償請求を受けたときなどの補償に適応されるもので、民間の保険会社が取り扱います。

最後に生命保険は、従業員の病気や怪我の際の入院や死亡による支払いをカバーするもので、これも民間会社が窓口となります。

より良い保険をアドバイス

これらを見ると、国の保険と生命保険の補償内容が重なっていますよね。

つまり、国の保険をしっかりかけていれば民間の保険は過剰かけしていることになりうるというわけです。

こういった点においてのアドバイスを行い、改善を提案するのが社労士の仕事のひとつなのです。

サブコンテンツ