事業主のトラブル回避を改善してくれる

労働に関するプロ根性
長引く不況の影響もあってか、いたるところで会社や企業での労働紛争が増えているようで、事業主がトラブルに巻き込まれるケースが少なくありません。

そんな事態を防ぐためには会社の経営や運営に関する根幹的な対処が必要となりますが、その第一として就業規約が挙げられるでしょう。

就業について事業主と被雇用者によるその決まりごとを明確に文章化することで、労務管理上でのトラブルを未然に防ぐことができます。

就業規約は10名以上の従業員が所属する会社では不可欠なもので、作成した就業規約は行政官庁に届け出なければなりません。

届け出がない場合は法律に違反したこととなり、処罰対象となってしまいます。

プロに任そう!!

労働に関する法律が改正されるに伴いこの就業規約の改正も行なわれるべきなのですが、それを行なわない会社も少なくありません。

また、とりあえず最少限度だけ改定して届け出るような企業も見受けられますが、これでは本当の意味での就業規約とはいえないのです。

このような対応は素人にはなかなか難しく面倒ですから、プロである社労士にお任せするのが好ましいといえます。

事業主と被雇用者の円満な橋渡しをするのが、社労士なのです。

サブコンテンツ