「上乗せ労災保険」をしっかりと説明する

責任の在り処
職種や会社によっては、得意先から依頼のあった仕事を自分のところではせずに下請けに回すケースも少なくありません。

そんなケースにおいて下請けの会社で労災事故が発生した場合には、面倒なことにもなりかねません。

というのも、あくまでも下請け側で発生した事故だから元請け側の自分たちに責任はない、というスタンスをとることが多いからです。

この場合に適応されるのは「上乗せ労災保険」なのですが、これは危険な作業や業務の業種には特に必要な保険といえます。

しかしこの保険を使わないというのが元請け側の主張で、下請け側としては元請けとの関係性からなかなか強気に出ることはできないものです。
誠意を持って説明してくれる

社労士の役割は、第三者の立場から上乗せ労災保険を使用する意味をしっかりと説明することです。

そして、この保険を使うことで国民年金や労災保険などの保険金給付の手続きを下請け会社に代わって行なうことを労災当事者に説明しすぐに処理に当たるのです。

最近は労働問題などで訴訟に発展することが増えていますが、これには事業者側と被害者側の感情の行き違いによるものが多いのです。

被害者に誠意を持って接して訴訟にいたることなく示談で済ませられれば、それは顧問先の利益となるのです。

社労士の仕事は、そんな点にもあるのです。

サブコンテンツ